水谷栄希

good morning / good night

NAKAZURI GALLERY

”朝の挨拶と夜の挨拶が向かい合い、それぞれに投げかけをしている。 朝と夜、交互に繰り返される時間は当たり前のように昨日、今日、明日、と続いていく。 環状に回り続ける車両もそれに似てるなと思いこちらの作品を描いた。”
PROFILE
1991年愛知県生まれ
2017年東京芸術大学日本画専攻修士課程卒業
2019年 個展「内側からの絵画」アートスペース羅針盤
2021年 個展「再び森の中へ」Gallery Yukihira

日々、自分と自分以外の人間との関係を当たり前に続けている。 そのためのツールーー言葉、行動、表情、態度ーーは豊富だし、生活の中で考える事の多くは意識的にも無意識的にもそれに割かれていると思う。 私にとって絵を描くという行為は「鑑賞」を想定している。それは自分自身であったり他人であったり。 絵を描くという行為が「絵画」と「鑑賞」の間を結ぶようなポジティブもネガティブも含む独立した関係になってほしいと願う。 現在、キャンバスの裏側から形を刻みこんで彩色し、表側には滲んだ図像が浮かび上がり、描画のベクトルが、鑑賞する視線と正対する絵画を描いている。 描かれた図像は、私からの一方的な投げかけにとどめず、「絵画」という大きな輪郭の内側からのアクションとなり、描画と鑑賞の間を行き来する関係の一つとしてみたい。 モチーフには、主体を欠き、また、誰でも引き受けることができる「向けられるモノ・発せられた言葉」を使う。 絵画の内側からの景色、言葉、記憶。鑑賞者の各人各様の意味が立ち上がってきてほしい。 支持体を介して、鑑賞者が図像を引き受けてくれたとき、それは何かの形となり美しさを宿すのだと思う。
NAKAZURI GALLERY
good morning
size:1030×324mm
acrylic on canvas
2022年1月18日〜2月1日運行の山手線中吊り広告に展示された作品です。実際に使用されたものなので走行中万が一傷などがある可能性がございますが、 こ了承ください。
good night
size:1030×324mm
acrylic on canvas
2022年1月18日〜2月1日運行の山手線中吊り広告に展示された作品です。実際に使用されたものなので走行中万が一傷などがある可能性がございますが、 こ了承ください。
WORKS

水谷栄希
stars
1303×1620mm canvas,acrylic paint 2021

水谷栄希
forest
canvas,acrylic paint 803×803mm 2021

水谷栄希
From the sunny-side hill thru the forest
mixed media 700×452×175mm 2020

水谷栄希
orion
canvas,acrylic paint 727×727mm 2020

水谷栄希
have a good day!
mixed media 320×270mm 2020

水谷栄希
stars
canvas,acrylic paint 1300×1620mm 2020

水谷栄希
flower
canvas,acrylic paint 650×910mm 2021

水谷栄希
faraway woods
mixed media 379×455mm 2021

LINK

Instagram