開催中

寺内木香 個展
「ねんどのへや」

2024.5.28-
2024.6.23

上野駅浅草口
CREATIVE HUB UENO “es”

作品画像

第2回目の展示として新進気鋭の工芸作家・寺内木香(てらうち ここ)の個展「ねんどのへや」を2024年5月28日(火)〜6月23日(日)に開催します。
寺内木香氏は、東京藝術大学在学中に『安宅賞』や『サロン・ド・プランタン賞』を受賞し、さらには2022年度東京藝術大学卒業・修了作品展にて、工芸科・工芸専攻の学生でただ一人に与えられる「買上」認定を受けた、今注目の若手工芸作家です。本展示では、祖母との記憶を立体作品へと再構築した大型の鋳金作品《思い出の部屋》や新作を発表いたします。

作品紹介
作家プロフィール
作品画像
寺内木香

2023 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻(鋳金) 修了
主な受賞・展示歴 2019 安宅賞受賞 2021 第69回東京藝術大学卒業・修了作品展 『サロン・ド・プランタン賞』受賞 2023 第71回東京藝術大学卒業・修了作品展 『買上げ』個展『JUMBLE DIVE』(Bohemian’s Guild CAGE、東京)
祖母は紙粘土で人形などの作品を制作しており、その影響が作家自身の創作活動の根底にある。 紙粘土の性質上、祖母の作品は劣化しやすく遺品整理の際にだいぶ少なくなってしまった。この日、私は今まで作品であったものが突然ただのものとなり、それがまとっていた思い出もなくなってしまうような寂しさを感じた。 この経験をきっかけに「記憶を残す」ことに関心を抱くようになり、朽ちにくい金属を素材として記憶を題材に制作をしている。